国指定重要文化財。
ヒノキ材寄木造、漆箔の坐像です。県内でも屈指の優品で、市を代表する古仏の一つです。

胎内に書かれた銘から鎌倉時代中期の建長5(1253)年に、仏師定性によって修理されたことがわかっています。像高は87.4cmです。

等覚院 木造阿弥陀如来坐像のページ (東松山市のページに移動します)

アクセス
東松山駅東口より川越駅行きバス 「古凍」下車徒歩5分

☞連絡先
 東松山市古凍536-1
 0493-27-0333 (埋蔵文化財センター)

Comments are closed.

Close Search Window