”景色でおなかのくちくなるような子に育てます”

打木村治の作品「天の園」は、明治後半から大正時代、作者が小学校時代を過ごした唐子村(現在の唐子地区)を舞台に描かれた全六部の長編小説で、「路傍の石」「次郎物語」とともに三大児童文学と言われています。

小説には、都幾川や農村の豊かな自然の中で、伸びやかに遊ぶ子どもたちや、子どもたちの成長をやさしく見守る大人たちがたくさん登場し、地域の人々との交流を通して心豊かにたくましく成長していく子どもたちの様子が情緒豊かに描かれています。 唐子中央公園には「天の園」の記念碑が建てられています。

*下記地図は「天の園」の記念碑がある唐子中央公園の位置を示しています。

「天の園」のページ 

Comments are closed.

Close Search Window