東松山の代表的な果物、梨。明治10年頃東平地区で梨作りが始まり、県内で8番目の栽培面積があります。
8月から10月くらいまで梨農園の直売所や農産物直売所「いなほてらす」等で東松山産の梨を買うことが出来ます。
また、梨農園の中には梨狩りが出来るところもあり、毎年たくさんのお客様が訪れます。

梨の詳細はこちらのページへ

梨狩りマップ

東松山ハニーホワイト

甘みが強くて果皮はやわらかく、食味の評価の高いスイートコーンです。
市で産地化を進めており、この市内で採れる白いトウモロコシの愛称を募集し、平成29年に「東松山ハニーホワイト」が選ばれました。6月から7月にかけて市場に出荷される他、「いなほてらす」でも販売しています。

栗(ぽろたん)

ぽろっと剥ける「ぽろたん」

ぽろたんは、一粒が30グラム前後と和栗の中では大 きめの品種です。渋皮がとても剥きやすいのが最大の特徴 です。加熱することにより、鬼皮と一緒に渋皮が 「ぽろっ」と剥けることからその名がつきました!  

平成25年度に遊休農地対策として市内の下唐子地内に約3haの 「ポロタン・オリーブ農園」を開園しました。 2年後には収穫が始まり、加工品も販売しています。

地場産農産物 加工品カタログ

Comments are closed.

Close Search Window