”一度は見て、感じて欲しい作品の数々”

1945年8月6日、広島に人類最初の核兵器、原子爆弾が投下されました。
広島出身の丸木位里と妻の俊は数日後に現地に入り、そこで目のあたりにした惨状の記憶や多くの被爆体験者の証言をもとに、夫婦共同制作で「原爆の図」を描き、国内各地や世界20カ国以上をまわり巡回展を行いました。

夫妻は1966年に東松山市下唐子に移り住み、翌年に「原爆の図丸木美術館」を開館、30年以上の歳月をかけて全15部の「原爆の図」を完成させました。 戦争や命をテーマにした企画展、講演会、コンサートなどイベントも開催しています。

*要入館料
【休】月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始

Maruki gallery for the Hiroshima panels (Flyer in English)

丸木美術館ホームページ

アクセス
森林公園駅下車3.5キロ  タクシー12分(駅南口)、徒歩50分
つきのわ駅下車2.5キロ、徒歩30分
東松山駅東口より 市内循環バス唐子コース(日祝運休)
「丸木美術館東」下車 徒歩15分
関越自動車道、東松山ICより約10分

☞連絡先
 東松山市下唐子1401
 0493-22-3266

Comments are closed.

Close Search Window