”思わず笑みがこぼれる踊り手のコミカルな動き”

埼玉県無形文化財に指定されている「餅つき踊り」。
昔、岩殿山に住む悪竜を退治した坂上田村麻呂に感謝して、喜びのあまり踊りながら「もち」をついてもてなしたのが始まりと言われています。

毎年11月23日、五穀豊穣を祈念して行われていたが、平成22年を最後に踊り手の高齢化や後継者不足もあり中止されていたところ、平成30年に地元若者たちが伝統を継承して見事に復活しました。

金谷の餅つき踊りのページ (東松山市のページに移動します)

アクセス  (野本氷川神社)
東松山駅より市内循環バス(日・祝運休)「不動沼」下車 徒歩5分
東松山ICより約5分

☞連絡先
 東松山市上野本520

Comments are closed.

Close Search Window