国指定重要文化財。
沙彌閣阿が比企尼妙明と藤原光貞の供養のため、元亨3(1323)年に造りました。高さ2.1mあり、鎌倉後期を代表する均整の取れた供養塔です。

塔身正面に「宝篋印塔」と、その下の基礎部分の裏面には造立の趣旨が彫られています。

光福寺宝篋印塔のページ (東松山市のページに移動します)

アクセス
東松山駅東口より熊谷駅行きバス「東松山病院前」下車 徒歩約3分

☞連絡先
 東松山市岡498
 0493-27-0333(埋蔵文化財センター)

Comments are closed.

Close Search Window