岩殿観音の呼び名で親しまれる観音様。阪東三十三観音霊場第十番札所。

【創建】
逸海上人 養老2年 (718年)

【中興】
鎌倉時代に比企能員が中興、観音堂建設や北条政子の守り仏千手観音を安置しま した。
*永禄年間(16世紀中頃)松山城合戦の兵火で全山焼失

【再建】
栄俊 天正 2年 (1574年)
*その後幾多の火災に遭い、現在の観音堂は明治時代に移築した建物です。

【ご本尊】
正法寺・・・・・阿弥陀如来立像(鎌倉時代の作)
岩殿観音堂・・千手千眼観自在菩薩(現在の本尊は室町時代の作と云われています)

【仁王門】
額「巌殿山」 加賀大乗寺四十三世貫主愚禅和尚の書です。
仁王像は運慶作でしたが、江戸時代に焼失し文化年間 (19世紀初め)に再建されたものです。

額「厳殿山」
仁王像

【上田朝直制札】
天正2年(1574年)3 月に戦国時代の松山城主上田宗調朝直が発した制札。巌殿山一体の木や草を刈り取ることを禁じたものです

【銅鐘】
元享2年(1322年)鋳造、外面に無数の傷が付いており、天正18年(1590年)に豊臣秀吉よる関東征伐の際に、兵を鼓舞するために山中を引き回した傷だと 云われています。

【鐘楼】
元禄15年(1702年)建造、東松山 最古の木造建築。

【大銀杏】
樹齢700年と言われる大銀杏です。

【判官塚・判官神社】
判官塚は比企能員の追福のために、築きしものと伝わっています。

岩殿観音に伝わる伝説クツワムシ

「ある秋の夜、ここ巌殿山正法庵に、尼僧姿の女性が供の者と訪ねてきた。これは比企の乱により鎌倉から落ちてきた比企能員の妻であった。庵主は恩人であるこの尼僧を守るために小さな庵を貸して匿った。
しかし、この庵の周りには、季節柄たくさんのクツワムシがいた。
そこで、庵主は寺男に命じて、巌殿山のクツワムシを残らず根絶やしにしてしまった。理由は、クツワムシは敏感な虫で、人の気配を感じて鳴き出すからである。虫が鳴いては庵に人がいることが知れてしまうと考えて行ったことであった。この配慮によって 能員の妻は無事に男児を出産した。」

コメントは締め切りました

Close Search Window